准看護師の給与事情

准看護師の職場選びは慎重に!

准看護師の給与事情

准看護師の給与は、看護師に比べると低い傾向にあります。 平均として、新人准看護師は年収250万円程度となっているようです。 総合すると、平均400万円前後となっています。

月給にすると約28万円ほど、ボーナスの平均は約64万円ほどとなっているので、参考にしてみてください。

看護師に比べるとどれくらい低いのかというと、だいたい1割くらいとされているので、それほど大きな差はないと言えるかもしれません。

職場によっては経験を重視する所も多く、そういったところでは長く勤めていれば勤めているほど給料が高くなっていく傾向にあるので、働きやすい職場を探してできるだけ長く勤めたいですね。

看護師が行っている仕事とほとんど業務内容が変わらない職場では、給料自体も変わらないところも多いようです。 逆に、業務内容が同じなのに給料格差が大きいところもあるので、不満を感じやすい立場にあるとも言えるでしょう。

そこで大切になってくるのが、准看護師という職業を正当に評価してくれる職場探しです。特に給与の問題は不満に繋がりがちなので、職場選びをする際によく考えておかなければなりません。

これまで准看護師として長く働いてきている方も、自分の働きと収入が見合っているのか考えてみましょう。

スキルアップや給与アップを目指して転職をするという方も珍しくないので、今の給与が自分の働きに対して少ないと感じているのであれば、給与が高い職場に転職をするということについても検討してみると良いですね。

ただ、せっかく転職をしたのに前よりも給与が低くなってしまったという方もいるようです。職場選びを間違えてしまうとそういったケースも考えられるので、転職支援サイトの力を借りて自分に最適な職場探しをすることが重要になります。

長く楽しく働ける職場を探すためには、人間関係の問題などにも注目していかなければなりませんが、転職支援サイトを利用すればそういった内部事情も知ることができるので、職場探しに失敗する可能性も低くなるでしょう。