看護師が退職や転職する場合の健康保険をどうするか?

退職前に知っておきたい健康保険のこと

看護師が退職や転職する場合の健康保険をどうするか?

看護師が転職や退職する場合に健康保険をどうするかですが、転職の場合は新しい勤務先で手続きをすればOKです。問題はすぐに転職しない場合や退職して仕事をしなくなる場合になると思います。

健康保険は職場を介して加入しているので退職した場合には資格がなくなります。 日本は国民皆保険制度をとっていますから何かの健康保険に加入しなければなりません。

健康保険に入っていなければ、もしも怪我や病気で病院に行った場合に全額個人負担になりとんでもない金額を支払うことになります。無保険期間を作らないようにしなければなりません。 退職したらすぐに健康保険に加入することがポイントです。

これには3つの方法があります。

1番目は加入していた健康保険を任意継続する方法で、2番目は国民健康保険に加入する方法で、3番目は家族の健康保険の被扶養者になる方法です。

1番目の健康保険の任意継続は退職した後も、同じ健康保険に加入し続けることになります。 ふたつの条件があります。

・「退職した翌日から二十日以内に手続きをすること」
・「加入期間が二カ月以上あること」

これを満たせば人気継続できますが他の健康保険に加入するまでの繋ぎ的な意味合いがあり<最長2年まで>とされています。

この3つの方法にどのような違いがあるのかというと、まずは保険料が異なります。 任意継続の場合は保険料は全額自己負担になります。 在職している期間は会社が半分を負担していたので2倍になるわけです。

国民健康保険の場合は前年度の所得に沿って保険料が算出されます。 前年度の所得が多ければその分保険料は高くなる仕組みです。 どちらにしても天引きされていた分ですから、それほど意識していなかったでしょう。 予想以上に負担があるので驚く人が多いです。

家族の健康保険の被扶養者になる場合は保険料は要りませんが、年収が130万円未満である条件があります。各健康保険でのサービスは出産手当金などです。 医療機関を受診した場合の自己負担など基本は同じです。 どの健康保険に加入するかは保険料によって決まるでしょうから調査してみましょう。