看護師国家試験の受験資格を得るには

看護師になるまでの道のり!

看護師国家試験の受験資格を得るには

看護師は厚生労働大臣が認定する国家資格なので、国家試験に 合格する必要があります。 誰でもこの試験を受験できるわけではなく、受験資格が定められています。

看護師国家試験の受験資格を得るための方法はいくつかあります。 まずは文部科学大臣や厚生労働大臣が指定する看護学校等で学ぶことです。 一般的には高校を卒業後、看護専門学校に3年間通う人が多いと思います。 または、看護短大か看護大学に行く方法もあります。

短大というと2年間の所が多いですが、看護短大の場合は3年間 通うことになります。ただ看護短大の数は全国でも少ないので、 この進路を選ぶ方は少数派ということになるでしょう。

看護学部や看護学科のある大学へ進学する場合は、4年間学ぶ ことになります。他のルートより勉強期間が長くなりますが、 その分幅広い教養を身に付けることができます。

大学によっては学校教諭の免許を取得することもできますし、 保健師や助産師になれる可能性もあるので、将来を考えて 幅広いスキルを身につけたい方にはおすすめです。

病院などで働く看護師は専門学校出身の人が多いので、 大学出身の看護師は将来管理職になることを期待されることも 多いようです。 ただ大学受験をしなければなりませんから、国公立大学の場合は センター試験を受けることになり、その対策も必要です。

ここまでは高校卒業後に看護師を目指す場合の説明でしたが、 中学校を卒業した後に看護師を目指すことも可能です。 その場合は高等学校衛生看護科に入学することになります。

ですが、この高等学校衛生看護科を卒業しても准看護師の 受験資格しかありませんので、一度准看護師になるか、 さらに専攻科で2年学ぶ必要があります。 義務教育が終わったあとすぐに看護の勉強を始めたい方は この進路を選ぶのも良いと思います。

このように看護師の国家試験を受けるためにはいくつかの 方法がありますので、自分がどのような道を選んで看護師に なりたいのかよく考える必要があります。 なるべく早く就職したいとか、将来スキルアップできるように いろいろな可能性を試したいなど、目的は人によって さまざまだと思います。

学校に通う場合は場所の問題や学費のことなどの条件も 関係してきますから、看護師になるまでの数年間無理なく 学習に集中できるような環境を整えることも重要でしょう。