看護師の新しい活躍の場として注目のコールセンター

企業看護師として活躍!コールセンターでの仕事

看護師の新しい活躍の場として注目のコールセンター

看護師の活躍の場は年々広がりをみせており、病院や医療施設だけでなく、行政機関や一般企業など、医療現場に限定されず働くことができるようになってきました。 そんな中、今注目を集めているのがコールセンターの仕事です。

コールセンターというと、商品の販売やアポイトメント、申し込みの受付などをイメージしがちですが、看護師としてコールセンターで働く場合の業務は、これらとは異なります。

看護師としてコールセンターに勤務する場合は、健康相談などの電話相談が主な業務となり、一般企業での採用となるケースが基本です。看護師を採用しているコールセンターを持つ企業には、サプリメントの販売会社や保険会社、育児相談窓口をもつ会社などがあります。

また、最近は企業が経費削減のため、健康管理室・保健室を廃止するケースが増えてきましたが、その代替として、看護師に相談できる窓口を置く場合があります。その窓口を外注として受け持つコールセンターなどもあり、そこで働く看護師の数も増えてきています。

コールセンターに勤務する場合、基本的に日勤となり、医療行為も行わないため、病棟看護師と比較して、身体的に楽となるケースがほとんどです。 しかしながら、電話の相手は、病気やケガ、ストレスやメンタルに関する相談をしたいと考える方ばかりです。そのため、医療分野のスペシャリストとして、責任ある業務を完遂する姿勢が求められます。

加えて、コールセンター勤務の看護師は、医療施設が少ない過疎地域などでも需要が高まっています。 病院や医療施設が少ない、または全くない地域では、病気やケガなどについて気軽に相談ができる相手が得られず、心細さを感じる方も多くいらっしゃいます。

ですが、コールセンターに勤務する看護師であれば、実際に側にいなくとも、電話を通して相談に親身に乗ることができ、悩みや不安を抱える多くの方の役に立つことができます。 コールセンターで働く看護師は、一般的なイメージ以上に、その必要性を強めていると言えるでしょう。